• 2013年4月 7日
  • 1. New book info

『かんじのぼうけん』インタビュー

アネックス事務局・オクダです。
先月発売された、漢字の部首にこだわった新シリーズ『かんじのぼうけん』。
その作品作りに至る過程を五味太郎さん本人に聞いてみました。


(オクダ)―今回の本が制作までの経緯を教えてください。

言葉photo.jpg

(五味さん)
今までいくつかのアルファベットやひらがな、漢字の本を作ってきたけれど、これらの本を作っているときに、その文字や言葉そのもののことが気になっていたんだよね。
本でも絵本でも、そもそもは文字や言葉から成り立っているわけで、この文字や言葉っていうのは、まさに本を作る"素材"なんだよね。オレ自身、こういった"素材"のことがずっと気になっていたし、この素材を使っての遊び方のひとつが、自分の絵本作りの一部にはあるんだと思う。

―今回は、漢字の本ですよね。

今までもいくつか漢字に関する本は作ってきたけれど、改めて考えると、漢字の部首っていうのは"素材の素材"と言うことができて非常に面白い。食べ物にたとえるならば、パンの成分を一度ばらしてみて、塩や小麦粉、水、バターなどから成り立っているんだなと考えてみることと同じ。こういった素材を使って、水加減を変えてみるとか、小麦粉の量を変えてみるとか、別の方法で調理すると、味の違うものや全然違うものができたりする。つまり、素材の組み合わせによって、永遠にいろんなものができてしまうんだね。人類は長い歴史の中でこういう組み合わせをずーっと多くのものを生み出してきたと想像すると面白いよね。今回は、漢字を題材に組み合わせの面白さというものをもう一度考えようと思ってこの本を作ったんだ。

―「部首」に関する本は初めてだったのですか?

そう、「部首」に関する本は初めての出版だね。ことわざとか四字熟語とかは出してきたけど、その元となる部首は初めて。で実際やってみると、本当にいろいろな部首があるんだよね。それで初めは混乱したんだけど、とりあえずやれそうなところから始めていこうとということで、初回は「にんべん」「さんずい」「きへん」「てへん」といった基本的な部首を選んだわけ。

―登場する漢字は、編集者ではなく五味さんが選んだんですか?

もちろんそう。使用頻度から選んだり、それでも扱えなかったものを巻末にまとめたりしてね。そうすると、にんべんだけでも、なんと多いことかと。また、にんべんだから人間に関することが多いわけだけど、実はそうではないものもあったりしてね。とっても興味深い作業だったよ。

―今後シリーズ化して終わりはあるんですか?

あるある。バリエーションも考えているけれど、だいたい12冊くらいの予定で出していこうかと思っている。代表的な部首とその部首が作り出す"字"をいったんばらしてまとめ、再度ばらしてまとめるという作業の楽しさを面白がっていこうかとね。(了)


○おまけ
今から、30年以上前に書いた『漢字の絵本』のあとがきで、五味さんは漢字について、こんなことも言っていました。

世の中にはどういうわけか、かな文字はやさしくて、漢字はむずかしい、と思い込んでしまっている大人が多いようです。(中略)ぼくがこの本を作ろうとした動機は、こんな便利でおもしろい字を、なにももったいぶって、わざわざ、かなやカタカナの後まわしにする必要はないと考えたことにつきます。(中略)この本にあえて「漢字の絵本」とタイトルをつけたのは、単に絵があるということではありません。むしろ文字を絵と見たからです。それは、いわゆる漢字分類上の象形文字という意味をもちろん含みますが、もう少し感性のレベルで見ています。たとえばこの本の最初の字は「母」、そして「父」です。「母」という字は、ほんとうに母が見える字だと思います。つまりそれが読むということであり、わかるということなのでしょう。字が読めるということは、ただ発音できたということではありません。この視点で「はは」とひらがなで表記するより、「母」をおぼえて使ったほうが、はるかにやさしくて便利です。「はは」からは「母」は見えてきにくいのです。
(出典)『漢字の絵本』岩崎書店 1980年初版


○Infomation
さて、ここで出版元の旺文社から、『かんじのぼうけん』のプレゼント情報です!

photo.jpg

「かんじのぼうけん」①②③④をセットで購入いただく方に、限定のケースパズルプレゼントします!(限定30セット)
お名前・ご住所・お電話番号を明記の上、メールにてお申し込みください。
代金は商品到着後、郵便振替でお支払いください(4冊計3,528円(税込み))。
※メールの件名に「五味太郎アネックスより申し込み」というコメントを入れてください。

旺文社のアドレス:pr@obunsha.co.jp

『かんじのぼうけん① にんべん』
『かんじのぼうけん② さんずい』
『かんじのぼうけん③ きへん』
『かんじのぼうけん④ てへん』


(PR)
■クロック好評です。
白ゾウflash.jpg.jpg


■五味太郎デザインを極限まで表現したモビール「STRINGLE」。好評発売中!
stringleフラッシュ_700.jpg

季節の模様替えに。人気の直筆サイン入りクロック。
《人気のクロック・ゾウが3色選べて好評発売中! 限定直筆サイン!》 人気の五味太...
夏の版画特集
アネックス事務局・オクダです。 今年も特集! 夏にピッタリな五味太郎さんの夏の版...
フィード
リンク
GOMI TARO ANNEX

商品の販売について
当ブログ運営
五味太郎アネックス事務局
(オフィス・シード)